だいこく小児科クリニック

お知らせ

2016.10.28

B型肝炎ワクチンについて

 このたび、B型肝炎ワクチン接種についての制度が変更となり、平成28年10月1日から公的扶助が受けられる無料のワクチンとなりました。B型肝炎ワクチンは、文字通りB型肝炎を予防しうるワクチンであり、引き続いて起こりうる肝硬変や肝癌の抑制効果も期待されています。ただし、いくつかの注意点があり、扶助を受けられるのは平成28年4月1日以降に生まれた赤ちゃんです(残念ながら平成28年3月31日までに生まれた赤ちゃんは扶助を受けられません)。B型肝炎ワクチンは生後2か月から接種可能となりますので、早めに接種されることをお勧めします。

 なお、ご不明な点は院長・スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

2 / 212